戒壇院
奈良の東大寺、栃木の薬師寺と並ぶ日本三戒壇のひとつで、もともとは観世音寺の境内に建立されていた。
戒壇とは僧尼として守るべき戒律をさずけるところで、鑑真が帰化後、ここで受戒を行ったことで知られる。
境内には鑑真が植えたとされる菩提樹の木がある。現在は京都妙心寺派の臨済宗の禅寺になっている。